昔の脱毛のイメージ

脱毛と言えば、若い世代のものと思っていませんか。実は、脱毛サロンの利用者の3割が40代というところもあるのです。脱毛に年齢は関係はありません。40代が考える脱毛の特徴として、この世代がまだ10代や20代だった頃は、脱毛費用はかなり高額でした。そのため、脱毛したくてもできなかったという世代なのです。しかし、今は脱毛費用もかなり安くなっています。そのため、昔はできなかった脱毛を改めて試してみようという40代の女性が多いのです。

40代が持つ脱毛のイメージは、費用が高いことの他に、痛いというものがあります。昔は今のレーザー脱毛、光脱毛と違い、ニードル脱毛が一般的でした。これは毛穴に針を刺してムダ毛を取り除いていくというもので、かなりの痛みを伴ったのです。このイメージがあったため、40代の女性は脱毛を敬遠するようになったのでしょう。

また、期間もその頃は何年もかかるものでした。時間的にも金額的にもかなりの負担を強いられたのです。また、悪質な業者も多く、エステ系の勧誘がしつこく、ローンを組まされることもあったのです。現在は、このような問題は改善され、悪質な業者はほとんどありません。40代はまだまだこれからの世代。ムダ毛を処理すると、白く艶やかな肌が蘇り、ジムやプールに通うのが楽しくなるはずです。